小坂ハウス工業

HOME > リフォーム俱楽部 > 横手市N邸リフォーム物語

横手市N邸リフォーム物語

2020-01-08

結婚とぼぼ同時に建てたこの我が家、

子どもたちはそれぞれ独立し、

今は仲良く?・・・

夫婦二人暮らし。

 

築年数はかれこれ35年、

寒い、暑い、あちこち床のたわみ、その他・・・

そして、二人暮らしの今となっては、

狭いんだか広いんだかわからない中途半端な・・・

間・取・り、・・・。

 

しかし、建替えようにも老後の資金が心配。

何よりも、思い入れがありすぎて

解体なんて考えられないのだ!

 

このままで暮らしていけないわけではないけれど、

時折り押し寄せる婿や嫁、

そして可愛い孫たちと楽しく過ごしたい。

みんなのふる里を守りたい、残したい、

何とかせねば・・・

 

そこで・・・

私たちの・・・

選択は・・・、

 

✰ リフォーム ☆彡

( ^ω^)・・・

 

漫画、釣りキチ三平の作者である

矢口高雄さんのふる里でお馴染みの

秋田県横手市増田町が、

今回のリフォーム物語のステージです。

 

冬は豪雪、そして

栗駒山系からそそぐ豊かな水と自然が織りなす

抒情あふれる町です。

 

結婚、子育て、親の介護を見守って、

35年間連れ添ってくれた我が家、

 

 N邸の

「リフォーム物語」

 そうです、セカンドライフの始まりです。

 

トップ写真はリフォーム前のキッチン(台所兼食堂)です。

だいぶ使用感と圧迫感が漂ってきて、

ご夫婦二人暮らしでは寂しさも感じますね。

 

 

そこで、我がリフォーム倶楽部、

このキッチンを中心に、

 

「明るく、暖かく、機能的に、そして夫婦仲良く!」

 

を今回のリフォームのメインテーマにおきました。

お客様と一緒にワクワクするリフォーム現場の紹介です。

 

居間(和室)~台所~和室の3部屋を広いLDKへ

 ピアノを置いた和室は中途半端な部屋で物置になりがちでした。中央の居間から台所方面の時計の掛かった柱は、子供たちのたけ比べの傷を刻んだ思い出の柱です。今回残してどこかに使うか最後まで悩みましたが、きっぱりと廃棄することに決めました。親子仲が悪いわけではありません。いたって仲の良い親子です。畳敷きの居間、台所、和室の3部屋をワンフロアーに改築していきます。縁側を含めると24帖ほどの大空間に生まれ変わります。

 

 

 さあ、解体が始まります

左の写真はたけ比べが刻まれた柱です。中央は台所の壁を解体し、スケルトン(骨組み状態)にします。断熱材も新しいものに入れ替えました。大開口部を確保するため大断面の梁をかけなおします(右写真)。熟練大工の息があった作業です。

 

床組を土台大引きまで解体し、断熱材をはめ込みます。28mmの構造用合板を敷き込みます。これにより床の断熱性能を高め、建物の水平強度を増して、横揺れに強い暖かい床組みに仕上がります。

 

壁の断熱材も新しく交換し、壁には内部ボードが貼られていきます。設備のキッチンも設置されて、内装工事へと進んでいきます。全体の仕上がりの形が具体的にイメージできるような段階まで来ました。

 

 

 

 随時更新していきますので、ぜひともお付き合いくださいませ。

尚、お問い合わせご要望などございましたら、

こちらのコーナーへお気軽にお願いいたします。

 

リフォームその他のお問い合わせ

 

 

 

小坂ハウス工業

本 社:秋田県雄勝郡羽後町字稲荷20番地2
TEL:0183-62-5544 FAX:0183-62-5072

営業所:秋田市仁井田二ツ屋二丁目6番20号
TEL:018-838-5770 FAX:018-835-5773

(社)秋田県宅地建物取引業協会会員
(社)全国宅地建物取引業保証協会会員

Copyright © 2016 KOSAKA HOUSE INDUSTRY. All rights reserved.